大阪湾海岸生物研究会のブログ

大阪湾海岸生物研究会の活動(定点調査や勉強会)の案内や記録のほか、大阪湾を中心とする海の生き物について書きます。

図鑑「くらべてわかる貝殻」の紹介

大阪海岸生物研究会の皆様 こんにちは。竹之内です。今度友人の黒住さんが図鑑を書いたので紹介させていただきます。なおこの本は自然史博でも購入できます。

 

 読書百遍義自ずから通ずという言葉がある。難しい本でも何度も繰り返し読んでいるうちに自然と意味がわかってくるという意味らしい。我々自然愛好家にとってはこの書を図鑑と読み替えるとしっくりくる。図鑑を読み込み、標本と照らし合わせて、ようやく同定にたどりついた時の苦労や図鑑では何度も確認していた種に現場で初めて出会えた感動は小説を読んで得られるものとは別の味わいがある。繰り返し読み返した図鑑では次第に図と説明文が頭の中に叩き込まれてくるものだ。
 今でこそ数多の図鑑があるが、私が若いころは図鑑は少なく、貴重なものであった。貝を拾ってきて図鑑(たとえば標準原色図鑑 貝:保育社)と照らし合わせても、似たような貝はたくさんあり、同定に迷ったものであった。ずっと後に博物館で貝の同定のお手伝いをするようになっても、子供の「貝拾いという」夏休みの宿題を手伝う親の世代から「図鑑で見てもどれに当てはまるのかわからないんですよ。」という言葉はだいぶいただいた。
 さて、時代は変わり、ちまたに数多くの図鑑があふれるようになった。そこに新たな貝の図鑑の登場である。著者は千葉県立中央博物館学芸員の黒住耐二氏である。タイトルは表題の通り「くらべてわかる貝殻」山と渓谷社からの出版物である。山と渓谷社へのリンク(https://www.yamakei.co.jp/products/2817063560.html)「くらべてわかる」シリーズの一つらしい。この本は拾ってきた貝の名前が分かるということに特化した図鑑ということが出来る。小学生の頃からの貝好きで、成長して博物館の学芸員になった彼らしい著作と言える。最近の知見を取り入れて、種以下のレベルの変異型に詳しい。それぞれの個体がはっきりわかるように、写真がクリアーできれいであると同時に砂浜で拾ってきた貝の様子が分かるように、少し摩耗した個体も積極的に図示している。近年山崎氏らは遺伝子レベルで磯の貝を丁寧に分析している。オキナワイシダタミとイシダタミの関係はずっと曖昧なままだったが、種レベルで区別できることが明らかになった。しかも本土のオキナワイシダタミは内湾の磯に住むので隔離されやすく、南西諸島のものとはほんの少し形状が違う。このことも図鑑では図示している。また、クサイロクマノコガイをクマノコガイから種レベルで区別するようになったのも最近のことである。磯のアクキガイ科の貝ではレイシやイボニシのC型P型、ナガイボニシ型やオハグロレイシの型までとても丁寧に変異を抑えている。またミドリイガイやコウロエンカワヒバリガイなどニューカマーについての言及もある。この図鑑のいいところを4つ箇条書きにしてまとめておこう。

1 新しい分子遺伝学的知見に基づいて最近の業績を反映させている。
2 種以下のレベルの変異について積極的に紹介している。ここにはやや本人の考えが反映されている部分もある。
3 やや摩耗した標本も同時に示すなど、浜辺で拾った貝の同定ができるよう工夫している。
4 貝の写真に直接同定の要点が書いてあり、すんなり頭に入る。これは最近の図鑑ではどれでも工夫されているところではある。

1700円+税のこの本は600種ほどが掲載されている。貝の世界の全貌を知るにはまだまだ力不足だが、日本の海の貝の全部掲載を目指した「近海産」という図鑑もあることだし、一つのステップとしてこの図鑑で学びを深めてほしいものである。

嵐の後のウミウシ

okkの皆様 相変わらずのコロナですが、いかがお過ごしでしょうか。

今日、大風が吹きましたので、夕方にぴちぴちビーチを散歩したところ、変わった生物を採集しました。

普段は打上ることのないウミウシ類が2種、生きたまま打上っていました。

写真1は約13cmのアメフラシ類(無楯目)で、大きい褐色の水玉模様がありました。図鑑やネットを少し調べたのですが、種名は不明です。

写真2は約6cmのウミウシです。色は黒褐色ですが、腹面はオレンジなので、普通種のマダラウミウシだと思います。

他にも大型のスカシカシパン(下記参照)やトゲモミジガイも打上っていました。嵐の後にはこういうこともあるのですね。同定が間違っていたら、ご指摘ください。

(有山)

osakawan.hatenablog.com

f:id:osakawan:20210809174827j:plain

写真1.アメフラシの1種

f:id:osakawan:20210809175914j:plain

写真2.マダラウミウシ




豊国崎のセムシマドアキガイ

豊国崎の定点で有山さんが転石下から採集された笠形の貝を持ち帰って調べたところ、セムシマドアキガイRimula cumingii A. Adams, 1853でした。殻の前側、正中線の肋上にしずく型の孔が開きます。「干潟の絶滅危惧動物図鑑」(日本ベントス学会編, 2012)では「内湾湾口部の平坦な礫干潟において砂に埋もれた転石下の還元環境に見られる」とあり、生息環境は概ね一致します。定点調査では初めての記録です。大阪湾内では対岸の由良で記録されており、兵庫県レッドリストではランクAとなっています。

f:id:osakawan:20210627104559j:plain

セムシマドアキガイ

(石田)

豊国崎のメリタヨコエビ

昨日の観察会はほとんど雨が降らずに、よかったですね。

「まとめ」の結果の補足・追加です。

・ウミグモ類はシマウミグモでした。

・ハバヒロコツブムシはこの種とヒラタウミセミが混在していました。

テッポウエビ属も2種が混ざっていました。詳細は下記をご覧ください。

https://omnh.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=1234&file_id=22&file_no=2

・メリタヨコエビ属は3種が混在していました。フトメリタヨコエビMelita rylovae、ナガタメリタヨコエビM. nagataiと未記載種(写真参照)です。3番目の種類は白黒のツートンカラーでよく目立ちますが、実はそっくりな種が主に潮下帯に生息しています。両種は第3尾節外肢の節数、前者は1節、後者は2節で区別できます。大きさは両種とも約6mmです。(有山)

f:id:osakawan:20210626213032j:plain

メリタヨコエビ属の未記載種(オス)

 

豊国崎定点調査(6/26)のご案内

大阪府に出されていた緊急事態宣言が解除されましたので、6月26日(土)の定点調査は実施します。ただし感染リスクを少しでも減らすため、今回は自家用車の乗り合いが必要になる戎崎ではなく、豊国崎に変更します。また、雨天の場合は翌27日(日)に順延します。

 

 実施日:6月26日(土)※雨天時は翌27日(日)に順延
 調査地:岬町 豊国崎
 集合(指定電車):11時20分、南海多奈川線多奈川駅前。難波からは10:15発特急サザンに乗り、みさき公園駅多奈川行きに乗換えて多奈川駅11:15着。駅から現地まで徒歩で移動します(約2.2km、30分)。車で来られる方は産土神社御旅所の駐車場(神輿台のある駐車場)に直接おいでください。
 干潮:14時01分、-9cm(淡輪)
 解散:16時頃、現地で
 持ち物:観察・採集用具(ルーペ、野帳など)、弁当、飲み物、軍手、タオル、マスク。
 申込み:事前の申込みは不要です。
 参加対象:本会会員と同伴者
 その他:雨天の場合は翌27日(日)に順延します。実施の有無は26日(土)午前7時に本会のブログ(https://osakawan.hatenablog.com)に掲載しますので確認してください。順延の場合の集合場所・時間は26日と同じです。
     車で来られる方は、駐車料金を研究会で負担します。領収証と引き換えに現地で精算します(御旅所の駐車料金は500円です)。
     産土神社御旅所駐車場の位置:https://goo.gl/maps/5MgFLhQk3ThuGj6r9

 定点調査についてはこちらをご覧ください。
 http://www.mus-nh.city.osaka.jp/iso/okk/page03.html

○当日または過去2週間以内に発熱、風邪のような症状、味覚・嗅覚異常のある方は参加をご遠慮ください。感染または感染の疑いのある方と過去2週間以内に濃厚な接触があった方も同様です。
○往復の移動時には、各自で必要な感染防止対策を取ってください(マスク着用など)。
○現地ではソーシャルディスタンスの確保などに努めてください。お互いに近づく必要のある時はマスクの着用もお願いします。
○感染拡大などの状況により、政府や自治体から再度移動やイベント自粛の要請が出された場合は中止とします。中止の場合はメーリングリストとブログで告知します。

城ケ崎のコケムシ

コブヒラコケムシ  Schizoporella japonica

 黄白色の色彩のコケムシで、腹壁には全体にわたって偽孔と呼ばれる孔状組織が分布しています。また、虫室口の下縁にはU字型の湾入があって、多くの場合、その片側または両側に鳥頭体があります(図1、図2)。この種は長い間Schizoporella unicornisという種名で知られて来ましたが、Dick et al. (2005) によって日本の標本は明らかにその種とは異なることが明らかにされ、新たにS. japonica命名されました。しかし、城ケ崎の標本がS. unicornisである可能性はないのでしょうか。そこでもう少し詳しく調べてみました。城ケ崎の標本では、例えば虫室口下縁にある湾入の幅(図2- a)は100μmと広いこと(S. unicornisは80μm:Ryland et al. 2014)や卵室全面に孔があること(図3)(S. unicornisにはないか、あっても縁辺部のみ:Tompsett et al. 2009)などの特徴があります。これらの特徴はS. unicornisのものではなく、城ケ崎の標本はS. japonicaであることを示しています。

本種の分布域は中国沿岸から日本全土とされていて(Dick et al. 2005)、大西洋東岸に分布する(Tompsett et al. 2009)S. unicornisとは分布域も異なっています。特筆すべきは、S. japonicaは近年北米西岸やイギリスなどにも分布することが知られ、そこでは外来種と考えられていることです(Dick et al. 2005、Ryland et al. 2014)。どうやって極東からそれらの地へ侵入したかですが、北米西岸へは日本から養殖のために持ち込んだマガキとともに、イギリスへは船舶に付着して侵入したと考えられています。

 文献:

Dick, MH, Grischenko, AV and SF Mawatari (2005) Intertidal Bryozoa (Cheilostomata) of Ketchikan, Alaska. Journal of Natural History, 39(43): 3687–3784.

Ryland, JS, Holt, R, Loxton, J, Jone, MES and JS, Porter (2014) First occurrence of the non-native bryozoan Schizoporella japonica Ortmann (1890) in Western Europe.  Zootaxa 3780 (3): 481–502.

Tompsett, S, Portera, JS and PD, Taylor (2009) Taxonomy of the fouling cheilostome bryozoans Schizoporella unicornis (Johnston) and Schizoporella errata (Waters). Journal of Natural History, 43 (35–36): 2227–2243.                  (大谷)

f:id:osakawan:20210618140035j:plain

図1 個虫群

f:id:osakawan:20210618143849j:plain

図2 個虫の拡大

f:id:osakawan:20210618140018j:plain

図3 卵室の拡大